登山中の千葉男性が死亡 長野・天狗岳、病気か

 長野県警茅野署は29日、同県の八ケ岳連峰・天狗岳(2646メートル)の登山道で、千葉市緑区おゆみ野中央の会社員、斉藤映夫さん(66)が倒れているのが28日午後に見つかり、同日夜に死亡が確認されたと発表した。滑落などはしておらず、病死の可能性があるという。

 署によると、斉藤さんは28日に単独で入山した。他の登山客が倒れているのを見つけ、近くの山荘を経由して同署に通報。病院に搬送されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ