ニット帽拾ったら、内ポケットに大麻草 名古屋・栄の商業施設 25歳男逮捕

 愛知県警中署は27日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、同県豊田市亀首町下西山の工員、松本連雄馬容疑者(25)を逮捕した。中署によると、松本容疑者が落としたニット帽の内ポケットに大麻草が入っていたという。

 逮捕容疑は2月13日午後8時半ごろ、名古屋市中区栄の商業施設内で、大麻草約2・5グラムを所持したとしている。容疑を認めている。

 同施設の警備員が、施設内にあったニット帽を落とし物として同署に届けたところ、チャック付きの内ポケットの中に大麻草が入ったポリ袋2袋が見つかったという。防犯カメラの映像などから浮上した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ