奈良・商店街暴走に関与か、ひき逃げ容疑で47歳男逮捕

 大阪市内でひき逃げ事故を起こしたとして、大阪府警平野署は21日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で、住居不定、無職、池田尚記容疑者(47)を逮捕した。

 池田容疑者は8月1日、奈良市の商店街で軽乗用車が暴走した事件に関与した疑いがあるとして、奈良県警が行方を捜査。21日午後に同県内で、県警や大阪府警の捜査員が発見した。

 逮捕容疑は4月11日午後2時45分ごろ、大阪市平野区の府道で、職務質問した平野署員を振り払って軽乗用車で逃走。前方の車4台にぶつかり、男性2人に軽傷を負わせたとしている。池田容疑者は「職務質問がうっとうしく、急いでいたので逃げた」と容疑を認めているという。

 奈良市の暴走は8月1日午後に発生。パトロール中の警察官の近くを軽乗用車がスピードを上げて走り去ったため、パトカーが追跡した。車は近鉄奈良駅近くの車両通行が禁止された2つの商店街を暴走。けが人はなかった。車は同日午後7時ごろ、商店街から数キロ離れた奈良市内の道路脇で見つかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ