投資会社経営者ら4人逮捕 CO2取引名目で6人から2千万円 大阪府警

 二酸化炭素排出権取引への投資名目で現金をだまし取ったとして、大阪府警生活経済課は30日、詐欺容疑で、投資会社「S&Aサービス」(大阪市中央区)の経営者、木村元太郎容疑者(38)ら4人を逮捕、送検したと発表した。木村容疑者は容疑を認めている。

 逮捕、送検容疑は共謀し平成28年10月~昨年7月、府内の60~70代の男女6人に排出権取引に投資するよう電話で勧誘。「100万円を保証金として入れたら毎月1万2千円が入る。元本は保証する」と嘘を言い、計1970万円をだまし取ったとしている。

 同課によると、同社は府内を中心に46人から計約2億4千万円を集めていたが、取引の実体はなかったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ