西之島の警報を引き上げ 噴火活発な状態続く

 気象庁は13日、東京・小笠原諸島の西之島で噴火活動が活発な状態が続いているとして、火口周辺警報を「火口周辺危険」から「入山危険」に引き上げた。火口から約1.5キロの範囲で、噴火に伴って飛散する大きな噴石や溶岩流に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、13日午後に実施した海上保安庁の航空機による上空からの観測で、溶岩が流出しているのが確認された。気象衛星ひまわりによる観測でも、12日夜から西之島付近で、周囲に比べて温度の高い領域があることが分かった。

 気象庁は、今後も噴火の規模が拡大する可能性があるとしている。海保も、周辺海域に航行警報を出し、船舶に注意を呼び掛けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ