あおり運転事故で猶予判決 福島地裁支部「感情にまかせ短絡的」

 東北自動車道であおり運転をして前に割り込み、後続車の運転手に自車に衝突させけがを負わせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた会社員、佐藤晃被告(28)に、福島地裁郡山支部は12日、懲役1年2月、執行猶予3年(求刑懲役1年2月)の判決を言い渡した。

 判決理由で佐藤傑裁判官は、被害者のトラックを事故前に幅寄せなどをしてきた車両だと思い込み、仕返ししようとしたことを「感情に任せた短絡的な犯行だ」と非難した。一方で、被害者が1人でけがが軽いことなどから執行猶予を付けた。

 判決によると、3月20日午前0時10分ごろ、福島県郡山市の東北自動車道で、走行中のトラックの通行を妨害しようと前方への割り込みやブレーキを繰り返して自車に追突させ、運転手に腰部挫傷などのけがを負わせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ