麻原元死刑囚、執行7分前に残した“不吉な遺言”の謎 オウム残党暴発の恐れも

麻原彰晃元死刑囚(1990年撮影)

麻原彰晃元死刑囚(1990年撮影)

 死刑が執行されたオウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚=執行当時(63)=の遺体が9日午前、東京都内の葬祭場で火葬された。麻原元死刑囚が執行直前の「遺言」で指名した四女(29)が遺骨を引き取ることに決まったが、妻(59)や三女(35)らは反発している。遺族間の骨肉の争いをきっかけにオウム残党が暴発する恐れもあるとみて、公安当局は警戒を強めている。

 麻原元死刑囚と土谷正実死刑囚=同(53)=の遺体を乗せたとみられる車両は9日朝、都内の火葬場に入った。

 8日放送の日本テレビ系「真相報道バンキシャ!」によると、麻原元死刑囚は執行7分前の6日午前7時53分ごろ、東京拘置所の職員に遺体や遺品の引き受け手について聞かれ、「ちょっと待って」と言ってしばらく黙った後、「四女」と答えた。職員が四女の名前を出して確認したところ、うなずいたという。

 四女は7、8日には代理人の滝本太郎弁護士とともに東京拘置所を訪れている。麻原死刑囚の遺体と対面したほか、今後の遺体や所持品の引き取りについて協議したとみられる。滝本弁護士は夕刊フジの取材に「全てノーコメントなんで、すいません」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ