大阪北部地震 乗客に配布した非常用飲料水、消費期限切れだった 湖西線

 JR西日本は18日、大阪府北部で起きた地震を受け、滋賀県大津市の湖西線和邇駅で停車中の列車の乗客に配布した非常用飲料水が消費期限切れだったと明らかにした。

 JR西によると、18日午後0時半ごろ、和邇駅で長時間停車していた永原発京都行きの普通列車で、ペットボトルの飲料水を配布。約50分後に乗客からの指摘で、消費期限を約2カ月半過ぎていたことが判明した。配布した24本のうち、2本を回収することができなかったという。

 同社は「在庫管理の徹底を図り、再発防止に取り組む」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ