大阪北部地震 倒壊ブロック塀で女児犠牲…ジャッキ使っても上がらず、周囲に血だまり

塀が倒壊した高槻市立寿栄小学校=18日午前10時48分、大阪府高槻市(沢野貴信撮影)

塀が倒壊した高槻市立寿栄小学校=18日午前10時48分、大阪府高槻市(沢野貴信撮影)

 消防が来て、ようやく救助された女児の周囲には血だまりができ、呼びかけにも応じることができなかったという。

 「運転再開のめどが立っていません。余震の恐れがあるので、身の安全を確保してください」

塀が倒壊した高槻市立寿栄小学校=18日午前10時50分、大阪府高槻市(沢野貴信撮影)

塀が倒壊した高槻市立寿栄小学校=18日午前10時50分、大阪府高槻市(沢野貴信撮影)

 JR大阪駅の改札付近では、男性職員が繰り返しこう呼びかけ、構内ではサラリーマンや学生らが壁や柱のそばに疲れた表情で座り込み、スマートフォンで地震のニュースを確認したり、会社や家族に無事を連絡したりしていた。

駅間で止まったJRの列車から線路上に降りる乗客ら=18日午前、大阪府高槻市

駅間で止まったJRの列車から線路上に降りる乗客ら=18日午前、大阪府高槻市

地震で水道管が破裂し陥没した道路=18日午後0時15分、大阪府高槻市

地震で水道管が破裂し陥没した道路=18日午後0時15分、大阪府高槻市

 阪急梅田駅から大学に向かおうとしていた兵庫県姫路市の大学生、圓尾海さん(20)は「地震が起きたときは飲食店で食事をしていたが、驚いて声が出なかった。SNS(会員制交流サイト)で午前中の授業が休講になったと聞いた。自宅に戻ろうにも、JRが止まって帰れない」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ