「抗争に備え拳銃所持」兵庫県警、神戸山口組系組員を銃刀法違反容疑で送検

 飲酒運転の疑いで逮捕された指定暴力団神戸山口組直系「侠友(きょうゆう)会」系組員の男の車から拳銃と実弾が見つかった事件で、男が調べに対し「すでに死亡した組長から預かり、抗争に備えて持っていた」と供述していることが15日、兵庫県警への取材で分かった。

 県警によると、男は侠友会傘下組織幹部、三浦豊容疑者(57)。同日までに銃刀法違反と火薬類取締法違反の疑いで送検した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ