リンさん父 証言台に立つ「命請いをする娘をなぜ殺したのか」

 昨年3月、千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)、ベトナム国籍=が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた元同小保護者会長、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判第9回公判が15日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれた。この日はリンさんの父、レェ・アイン・ハオさん(35)が証人尋問で証言台に立ち、「リンちゃんは『日本とベトナムの架け橋になる』と言っていた」と述べた。

 遺族の法廷での発言は初めて。検察側に、リンさんの死後の弟(4)の様子を問われると、「まだ自分の姉が亡くなったことを知らない」とベトナム語で述べた上で、日本語で「弟は『(リンさんが)どうして学校から戻ってこないの』『なんで(お供えの)ご飯が残ったままなの』『リンちゃんは誰かに殺されたの』と聞く。どう答えたらいいですか」と涙を流しながら話した。

 法廷内には、被害者参加制度を利用し、目隠し用のついたてを挟んで傍聴していた母親のグエン・ティ・グエンさん(31)のむせび泣く声も響いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ