警察車両不審火、別事件で逮捕の男関与か 防カメに不審な動き 大阪府警

 大阪府羽曳野市で5月、羽曳野署の駐車場に止めていた警察車両が燃えた事件があり、別の事件で逮捕された松原市の男(30)が関与した疑いがあることが15日、捜査関係者への取材で分かった。署の近くをうろつくなど、不審な動きをしている男の様子が防犯カメラに写っていた。

 男は大阪市内で発生したわいせつ事件にも関与したとみられ、府警捜査1課は、強制性交などの疑いで15日午後に男を再逮捕する方針。不審火への関与についても慎重に裏付けを進める。

 不審火は5月2日未明に発生し、警察車両と積まれていた自転車が燃えた。捜査関係者によると、5月上旬に羽曳野市で発生したひったくり事件で乗り捨てられ、羽曳野署が保管していた。男が乗っていた疑いがあり、事件の証拠品を燃やそうとした可能性もあるとみて調べる。

 男は5月下旬、盗んだバイクを保管していたとして、盗品等保管の疑いで現行犯逮捕された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ