森友文書改竄 元財務官僚で嘉悦大教授の高橋洋一氏「本質は佐川氏の勉強不足」

 元財務官僚で嘉悦大教授の高橋洋一氏の話「問題の本質は佐川宣寿前国税庁長官の勉強不足にある。地方組織である近畿財務局が窓口になった今回の森友案件について担当課と密に情報共有すべきだった。そうすれば、国会答弁で『価格交渉はしていない』などの発言は出なかったはずで(答弁に合わせるように)文書を改竄(かいざん)する必要もなかった。一連の問題を財務省全体のレベルの低下と関連づけようとする見方もあるが、実際は個人のミスをカバーしようとしたメンツの維持に近い。麻生財務相の『それが分かれば苦労せん』という発言は正直な思いで、本当に理解できないのだろう」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ