ハンドル握る7千人が認知症「予備軍」 高齢ドライバーの事故を防ぐ方法はあるのか

90代の女性が運転する乗用車(左)が複数の歩行者をはねた、JR茅ケ崎駅に近い国道1号の交差点付近=5月28日、神奈川県茅ケ崎市

90代の女性が運転する乗用車(左)が複数の歩行者をはねた、JR茅ケ崎駅に近い国道1号の交差点付近=5月28日、神奈川県茅ケ崎市

 75歳以上の高齢ドライバーによる重大交通事故が後を絶たない。5月28日には神奈川県茅ケ崎市で90歳の女性が4人をはねる事故が起きた。要因の一つとされるのが、認知症による運転能力低下。改正道路交通法で臨時の認知機能検査などの早期発見策が導入されたが、新たに分かってきたのが約7千人の認知症“予備軍”の存在だ。高齢ドライバーの免許を一律に取り消せば、高齢者は生活の足を奪われる。高齢ドライバー事故を減らすには? 専門家は抜本的な対策の展開の必要性を訴える。(社会部 中村翔樹)

 不可解な運転操作

 「赤信号と分かっていたが横断歩道に誰もいないと思い、通過しようとした」。茅ケ崎市の国道で5月28日、4人を乗用車ではねて1人を死亡させ、3人にけがを負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕された女性(90)は、事故当時の状況をこう説明した。

 神奈川県警などによると、女性は昨年12月、免許更新のために受けた認知機能検査で、判断力や記憶力に異常はないと判断されていた。結果を受け、今年3月に免許を更新。ゴールド免許だったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ