岡山女児殺害 14年前の事件で服役中の39歳男逮捕

 岡山県津山市で平成16年9月、同市立北小3年、筒塩侑子(ゆきこ)さん=当時(9)=が殺害された事件で、岡山県警は30日、殺人容疑で別の事件で服役中の勝田州彦(くにひこ)容疑者(39)を逮捕した。県警は2人の接点や動機を調べ、事件の全容解明を進める。

 勝田容疑者は平成27年5月、兵庫県姫路市で中学3年の女子生徒の腹などをナイフで刺して重傷を負わせたとして殺人未遂容疑で逮捕され、2審大阪高裁で懲役10年の判決を受けた。捜査関係者によると、勝田容疑者は筒塩さん殺害について認めたという。

 事件は16年9月3日午後3時35分ごろ、岡山県津山市総社の自宅1階で、侑子さんが血を流してうつぶせに倒れているのを、帰宅した姉が見つけた。胸や腹など数カ所を刺され、病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。

 県警は事件当日、津山署に捜査本部を設置。司法解剖で死因は窒息か失血の疑いと判明した。

 侑子さんは制服姿で、一緒に下校した友人と別れた後、午後3時すぎに帰宅。その直後に襲われたとみられるが、犯人に直結する遺留品や目撃証言がなく、捜査が難航した。県警はこれまで延べ6万人の捜査員を投入。事件発生から2年間で捜査線上に浮かんだ不審者ら延べ約700人を聴取したが有力な手がかりは得られなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ