岡山女児殺害 腹部に執着“異常性癖” 関与供述の男、理由はアニメの美少女キャラ

筒塩侑子さんの遺影を手にする父親の勝義さん=2010年8月、岡山県津山市

筒塩侑子さんの遺影を手にする父親の勝義さん=2010年8月、岡山県津山市

 岡山県津山市で平成16年に起きた小3女児殺害事件で事件への関与を認める供述をし、岡山県警が殺人容疑で逮捕状を取った勝田州彦(くにひこ)容疑者(39)は27年5月、兵庫県姫路市の路上で中学3年の女子生徒=当時(14)=をナイフで刺したとして殺人未遂容疑で兵庫県警に逮捕され、懲役10年の実刑が確定し服役中だった。勝田容疑者は少なくとも約20年前から複数の少女らに対して暴行や傷害事件を起こしており、過去の公判からは、女性の苦しむ姿が見たいという“異常性癖”と腹部を刺すことへの執着心が浮かび上がる。

 県警への取材や当時の公判によると、勝田容疑者は27年5月11日夕、姫路市内の路上で学校から帰宅途中の女子生徒に声をかけた上で右腕をつかみ、ナイフで両腕や胸、腹などを複数回突き刺した。

 女子生徒が大声を上げたため、勝田容疑者は現場から逃走。8日後に県警に逮捕されたが、女子生徒は全治1カ月の重傷を負った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ