長野市職員が忘年会で上司に暴行、居合わせた女性職員はショックで2カ月療養

 長野市の職員が忘年会で上司に暴行したとして、市は地域・市民生活部の職員(47)を停職3カ月の懲戒処分にした。

 市によると、職員は昨年12月に職場の忘年会で上司2人の胸元をつかみ、仲裁に入った同僚男性の頭を平手打ちした。居合わせた女性職員はショックで2カ月の療養休暇が必要になった。

 職員は「自分の業務の負担が重く、不満だった」と説明しているという。市は職員の性別を公表していない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ