給食の揚げパンに異物混入 キーホルダーの留め具?

 新潟県佐渡市は1日、市立金井小学校(同市千種丙)で、給食の揚げパンを入れたケースの底からキーホルダーの留め金具のような異物が見つかったと発表した。けが人や病人はいない。同市で混入経路を調べている。

 同市教育委員会によると、同日午後0時35分ごろ、同小3年の1クラス(27人)の給食時間中に抹茶きなこ揚げパンを児童らに配り終えた後、担当教諭がステンレス製ケースの底に敷いてあったクッキングシート上に三角形の金具(全長約2センチ、直径1ミリ)を見つけた。約3分の1の児童が既に揚げパンを食べ始めていたが、すぐに止めたという。

 揚げパンは国仲学校給食センター(同市栗野江)で調理され、ふたをして同小へ運ばれていた。

 同市は今後、調理工程の管理をより厳格にし、再発を防止するとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ