人工呼吸器停止の70歳男性死亡 大阪狭山の自宅

 28日午後3時半ごろ、大阪府大阪狭山市山本北の男性(70)方で、男性が死亡しているとかかりつけの医師から110番があった。病気のため使用していた人工呼吸器が作動しておらず、大阪府警黒山署が詳しい状況を調べている。

 同署によると、男性は病気で寝たきりで、妻(69)と2人暮らし。同日午後2時過ぎ、外出していた妻が帰宅し、男性が呼吸をしていないことに気づいたという。妻から連絡を受けたかかりつけの医師が死亡を確認した。同署は司法解剖し、詳しい死因を調べる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ