死体遺棄容疑で36歳母親逮捕 出産直後の女児か

 川崎市高津区のアパート敷地内で乳児とみられる遺体が見つかった事件で、神奈川県警高津署は4日、死体遺棄容疑で、このアパートに住む無職、田中彩容疑者(36)を逮捕した。「私がやりました」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、昨年10月中旬、自分が出産した乳児の遺体を川崎市高津区下作延のアパート敷地内に遺棄したとしている。

 同署によると、遺体は生後間もない女児とみられ、へその緒は付いたままで目立った外傷はなかった。3日午後、「足のようなものが見える」と男性会社員(26)から通報があり、事件が発覚。捜査員が同じアパート1階に住む田中容疑者に話を聴いたところ、関与を認めたという。

 田中容疑者は同月に自宅で女児を出産。「出産時に意識を失い、気がつくと生まれていて息をしていなかった」と説明しており、屋内で数日間放置した後、スーツケースに入れて屋外に遺棄したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ