東名高速であおり運転、割り込み急停止で事故誘発 暴行容疑で19歳大学生を逮捕

 東名高速道路で乗用車を運転中、男性会社員(50)=愛知県豊田市=の乗用車をあおった上、急減速しながら前方に割り込み急停止させて事故を引き起こしたとして、愛知県警高速隊は27日、暴行容疑で岐阜県各務原市の大学生の男(19)を逮捕した。

 4キロにわたりパッシングと蛇行運転

 急減速の影響で、2人の乗用車は衝突。ほかに3台が絡む多重事故となったが、けが人はいなかった。高速隊は、高速道路上での急減速が重大な被害につながりかねない極めて危険な行為と判断、暴行罪を適用した。

 高速隊によると、男は「後続車が停止するほどの減速をした覚えはない」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は昨年11月4日午前9時半ごろ、愛知県岡崎市本宿町の東名高速上り線で乗用車を運転中、前を走っていた会社員の車をあおった上、急減速しながら会社員の車の前に割り込み、会社員に急停止させ、多重事故を引き起こしたとしている。

 男があおり行為をする直前、会社員の車が車線変更し、男の車の前に入った。男は会社員の車との車間距離を極端に詰め、約4キロにわたってパッシングしたり蛇行運転をしたりしていた。付近は片側2車線でほぼ直線だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ