小学生にみだらな行為、撮影の疑いで小学校教諭を再逮捕 京都府警

 小学生の女児にみだらな行為をし動画を撮影したとして、京都府警は26日、強姦と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで、京都市立御所南小学校教諭、藤井寿正(かずまさ)容疑者(46)=府青少年健全育成条例違反容疑で逮捕=を再逮捕した。「性行為はしていない」と容疑を一部否認している。

 再逮捕容疑は平成28年1月31日、大阪府内のホテルで、当時小学5年だった少女(13)にみだらな行為をした上に、その様子を撮影して児童ポルノを製造したとしている。

 府警によると、2人はスマートフォンのゲームアプリを通じて知り合ったという。藤井容疑者のパソコンやスマホには、他にも中高生の裸などの画像が複数保存されていた。

 藤井容疑者は今月5日、女子中学生にわいせつ行為をした疑いで逮捕されたが京都地検は処分保留とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ