「光がまぶしかった」小学校前で集団登校の列に車突っ込み6人けが 運転手の男を逮捕 大阪府警枚方署

 18日午前8時10分ごろ、大阪府枚方市上野の市立殿山第一小学校前の路上で、集団登校中の児童らの列に乗用車が突っ込んだ。同小の男児3人と女児2人のほか、近くの中学校に通勤中だった女性教諭(55)が負傷した。大阪府警枚方署などによると、全員意識はあるが、このうち女児1人が頭を強く打っており、重傷の可能性がある。

 同署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で、乗用車を運転していた同市上島町の無職、北牧(きたまき)貴昭容疑者(21)を現行犯逮捕した。「太陽がまぶしかった。子供に気づかず、安全確認ができなかった」と供述しているという。北牧容疑者から酒気は確認されておらず、詳しい事故原因を調べる。

 同署や枚方市教委によると、現場は殿山第一小の正門近くの通学路。児童らは左端の路側帯を縦一列に登校、その後方に女性教諭が歩いていた。車はその後方から列の間を裂くように突っ込んだとみられる。

 北牧容疑者は大阪市内から帰宅途中だったという。同乗者の男性(21)が「徒歩の小学生らの列に突っ込んだ」と110番した。

 現場は京阪本線御殿山駅から東に約500メートルの住宅街。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ