籠池夫妻の通名使用が判明 ことあるごとに改名する家訓あり

 安倍政権に“爆弾”を投げ込んだ夫妻がついに逮捕されたが、事件の真相に先立ち、意外なことが判明した。

 〈大阪地検特捜部は31日、前理事長の籠池泰典(本名・康博)(64)、妻の諄子(本名・真美)(60)両容疑者を、国の補助金をだましとったとする詐欺容疑で逮捕した〉(読売新聞8月1日朝刊)

 えっ本名? 泰典と諄子って名前じゃなかったの? そう、実は彼らはこれまで、本名とは異なる“通名”を使っていた。森友学園問題を取材する大手紙記者が言う。

 「今回、検察によって本名が明かされましたが、私たちは取材時に気づいていました。森友学園が運営する塚本幼稚園を訴えようとした保護者たちが、籠池夫妻に訴状を送ったところ、『戸籍名が異なる』として届かなかったようで、本名でないことが分かったんです。籠池夫妻はプライベートでも通名を使って生活していたので、周囲も気付かなかった」

 なぜ通名を名乗る必要があったのか。その背景には籠池一家の“家訓”があるという。

次ページ「妻の諄子さんから聞いた話なのですが…」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ