大型クレーン車運転中にポケモンGO バイク女性を130メートル引きずり死なす

 京都府長岡京市で9月、大型クレーン車を運転中にミニバイクの女性をひいて死なせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪で起訴された京都市山科区の会社員、根上弘樹被告(47)が、事故時にスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をしていたことが8日、分かった。

 検察側の冒頭陳述などによると、根上被告は9月12日午後6時15分ごろ、長岡京市の府道でクレーン車を運転中、信号待ちでポケモンGOを操作し安全を十分確認せずに発進。前方に止まっていた京都市伏見区の無職、檜森万里さん=当時(39)=のミニバイクに衝突し、約130メートルひきずって死なせたとしている。

 逮捕段階では道交法違反(ひき逃げ)容疑も入っていたが、起訴内容には含まれていない。

 ゲームを巡っては、愛知県一宮市で10月、ポケモンGOをしながら運転していた男のトラックに小学生がはねられ死亡する事故も起こり、遺族らが運転中のスマホ操作の厳罰化など対策強化を訴えている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ