「俺についてこい」タイプの“クソ真面目職員”がハマったワイロの罠

 100箱分の資料押収

 「市に迷惑をかけて申し訳ない」

 捜査関係者によると、堀本容疑者は調べに素直に容疑を認め、謝罪の言葉を繰り返しているという。

 堀本容疑者は逮捕の1週間前から欠勤を続け、音信不通の状態が続いた末、今月12日に逮捕された。翌13日には、県警が市役所の道路整備改善課や契約課など4カ所を約8時間にわたって捜索。段ボール100箱分の資料を押収した。

 同市職員が汚職事件で逮捕されたのは24年ぶりのことだった。石見(いわみ)利勝市長は「公務員としてあるまじき行為を起こしたことは極めて遺憾。全職員に改めて再発防止の指導を徹底して行い、市民の信頼回復に努める」とコメントし、市議会の9月定例会本会議でも陳謝した。

 今回の事件を受け、市は入札制度の見直しに着手。課のトップが自ら工事価格を漏洩したとされたことを重視し、発注する市側でも開札まで最低制限価格が分からない入札方式を導入する検討を始めた。

 市職員の一人は「今回を機に、不正の根を絶つような仕組み作りを進めたい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ