中州でテント設営…急な増水で危険に 神奈川のキャンプ場事故:イザ!

2014.8.3 08:21

中州でテント設営…急な増水で危険に 神奈川のキャンプ場事故

 神奈川県山北町中川のキャンプ場「ウェルキャンプ西丹沢」で1日夜、母子3人が増水した川に流された事故で、3人は2日朝までに2~4・5キロ下流で遺体で見つかった。

 県警松田署によると、3人は同県藤沢市片瀬山のパート、大森ルミさん(42)▽長女で小学3年の舞奈(まな)ちゃん(9)▽長男で小学2年の凱風(がいふう)君(7)。

 3人は夫で会社経営の慎也さん(43)と4人で1日からキャンプ場を訪れ、車で川を渡ったところにある「アドベンチャーゾーン」という四輪駆動自動車専用のキャンプサイトにテントを張っていた。

 1日夜に降り始めた大雨を警戒し、メーンキャンプ側に車で川を渡って避難しようとしている最中に川が増水し、車が横転。慎也さんは窓を蹴破り子供を車外に出したが流され、ルミさんも流されたという。

 中州でのキャンプは急な雨で川が増水した場合に危険と指摘されている。

 同署は今後、キャンプ場の運営会社から、家族に危険性を説明したかどうか話を聞く方針だ。

関連まとめ