腐った遺体、大量のハエ、ゴミ屋敷…「特殊清掃」の現場を見た

 男性スタッフは「長い時間が経過した遺体は変わり果て、別れすら十分にできなくなる。手遅れになる前に、親族や友人らは存在に気付いてあげてほしい」と語る。

 川上さんは何度となく現場に足を踏み入れた経験から、孤立死が後を絶たない現状に、現代社会の「コミュニケーションの希薄さ」を感じているのだという。

 「隣人であっても、どんな人が住んでいるかすら知らない。社会全体が『自分は一人で生きている』と思い込んでしまっている。地域コミュニティーを復活させていかなければ悲惨な孤立死はなくならない」

 きょうもどこかで、命の灯がひっそりと消えているかもしれない。やがて臭いを放つまで誰にも気づかれることもなく…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ