中国人実習生9人殺傷事件の現場を歩く カキ養殖は中国人が支える現実

 息を白くして、青年たちが引き揚げたばかりのカキを専用の機械で洗浄していた。朝のまだ暗い時間。養殖カキの収穫が最盛期を迎えた広島県江田島市の浜辺で、青年たちは黙々と働く。時折、聞こえる言葉は中国語。そばの作業場でカキをむく日本人は70歳すぎの女性たちだった。

 のどかな瀬戸内海の風景。しかし、江田島の北部に位置する切串の町は3月14日、ものものしいサイレンや上空を飛び交うヘリコプターの喧噪に包まれた。

 「川口水産」で、中国籍の水産加工技能実習生、陳双喜被告=(31)、殺人罪などで起訴=が社長の川口信行さん=当時(55)=と、作業員の橋下政子さん=同(68)=を鍬やスコップで殴るなどして殺害、7人を負傷させる事件が起きた。

 あれから9カ月、改めてカキ養殖現場の実態を取材した。

 事件後に県水産課が行ったアンケートによると、県内の314業者のうち、外国人実習生を受け入れているのは83・1%(261業者)。昨年の「カキ年度」(10月~翌年5月)、広島で生産されたカキは1万9300トンで、実に国内生産量の約60%を占める。日本一の「広島のカキ」。その現場は実習生に支えられて成り立っている実態を浮き彫りにしている。実習生の97・3%は中国人だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ