「自殺したい」精神を病み、夜の世界へ…養護施設出身者に目立つ性被害

 【助けて下さい-子供性被害の現場から】(下)

 「自殺したい。気が狂いそう。私なんか生きている価値はないんだよ」

 東京都内にある、親から虐待を受けたり、親子関係がこじれたりして居場所を失った子供たちの緊急避難所「カリヨン子どもセンター」。ほぼ満室の居室では、子供たちの自殺願望や自傷行為、職員への試し行動などが日常茶飯事だ。

悩みを抱えてしまう

 精神的症状が一番重いのが、性虐待や性暴力を受けた子供たち。同センターの入所者の約2割は、実親や継父らからの性虐待、性暴力の被害者。幼児期を含め小中学生のときに被害を受けた子供も目立つ。

 同センター理事長で弁護士の坪井節子さんは「性が成熟する前に大人に攻撃されると、自分という存在の根っこを傷つけられる。自己肯定感が非常に低くなってしまい、自分を傷つけるようになる。他人に相談もできず、一人で悩みを抱えてしまう」と指摘する。そのうえで、「子供を性の対象にすることがこれほど子供の心身を深く傷つけ、孤独に追いやっている実態を多くの人に知ってほしい」と訴える。

 同センターの入所者の中で援助交際や性風俗にかかわっていた子供たちは乳児院や児童養護施設、児童自立支援施設などで育ったケースが6割だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ