大河ドラマ「麒麟がくる」一時休止で「秀吉」の名場面をプレーバック! ネット興奮 「伝説の竹中直人」「歴代最も哀しい『敵は…本能寺にあり』」

左から明智光秀役の村上弘明と豊臣秀吉役の竹中直人 (C)NHK

左から明智光秀役の村上弘明と豊臣秀吉役の竹中直人 (C)NHK

 新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が一時休止となり、その代替番組として12日、同枠で「麒麟がくるまでお待ちください~戦国大河ドラマ名場面スペシャル~」が放送される。今回は1996年に放送され、俳優・竹中直人が主演を務めた「秀吉」の名場面をプレーバック。天下人、豊臣秀吉を竹中が体当たりで演じた人気作で、ネットも放送前から「めちゃ熱心に観てた。楽しみー」「竹中直人さんといえば秀吉だよな」「俺が初めて観た大河じゃん」「伝説の竹中直人の秀吉…!」などと大盛り上がりだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ