朝ドラ「エール」ついに裕一が作曲家デビュー! 「福島行進曲」をネットも祝福「おめでとう!」「コロナ終わったら、福島に行きたくなった」

出来上がったレコードを手に取る裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ) (C)NHK

出来上がったレコードを手に取る裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ) (C)NHK

 NHK連続テレビ小説「エール」の第44話が28日、放送され、ついにドラマの主人公、古山裕一(窪田正孝)が「福島行進曲」を完成させ、作曲家として“デビュー”を果たした。この展開にネットも盛り上がり、同日、ツイッターでは「福島行進曲」がトレンド入り。裕一の第一歩を多くのネットユーザーが祝福した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ