吉沢亮、21年大河で主演決定!“日本資本主義の父”渋沢栄一が主役

大河初出演で主役を射止めた吉沢。“青天を衝け”ポーズで意気込みを表現した=東京・渋谷 (撮影・川口良介)

大河初出演で主役を射止めた吉沢。“青天を衝け”ポーズで意気込みを表現した=東京・渋谷 (撮影・川口良介)

 俳優、吉沢亮(25)が、新一万円札の肖像となる実業家、渋沢栄一を主人公にした再来年放送のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主演に決まり、9日に東京・渋谷の同局で会見した。放送中の連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインの幼なじみ・天陽を演じ、先週放送回で病死して国民の涙を誘ったばかり。視聴者の間に“天陽くんロス”が広がる中、大河初出演で主演を射止めた吉沢は「バッチリなタイミング」と声を弾ませた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ