なつ、故郷の十勝をアニメに 「なつぞら」第24週見どころ

なつ(広瀬すず)はマコプロで新しい企画に挑む(C)NHK

なつ(広瀬すず)はマコプロで新しい企画に挑む(C)NHK

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・0)。戦災孤児の主人公・なつ(広瀬すず)が北海道・十勝で酪農を営む柴田一家に引き取られて育ち、上京して草創期のアニメーションの世界に飛び込んでいく物語。第23週では、なつは、演出家の夫・坂場(中川大志)に「一緒にテレビ漫画をつくろう」と誘われるが、決められずにいた。夏が過ぎ、十勝に帰省したなつ。若くして亡くなった、友人で画家の山田天陽(吉沢亮)が残した思いや、娘・優(増田光桜)の言葉に背中を押され、坂場とテレビ漫画を作ることを決意。東京に戻ったなつは、これまで育ててもらった東洋動画の作画課長・仲努(井浦新)に「東洋動画を辞めたい」と告げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ