沢口靖子「科捜研の女」18シーズン目突入 表現にますます広がり

前の写真へ
18シーズン目に突入するドラマ「科捜研の女」で主人公のマリコを演じる女優の沢口靖子(宮崎瑞穂撮影)

18シーズン目に突入するドラマ「科捜研の女」で主人公のマリコを演じる女優の沢口靖子(宮崎瑞穂撮影)

【TVクリップ】 「(主人公の)マリコは私の分身とも言える存在。ともに成長してきました」。最新科学を駆使した捜査技術で、犯人を突き止める京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員、榊マリコの活躍を描く。シリーズは18シーズン目となり、平成11年の放送開始から今年で19年。現行の連続ドラマでは最も長く続いている作品だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ