2020年NHK大河 明智光秀が初の主役「麒麟がくる」 主演は長谷川博己さん

前の写真へ
次の写真へ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で主演を務めることになった長谷川博己=東京都渋谷区(蔵賢斗撮影)

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で主演を務めることになった長谷川博己=東京都渋谷区(蔵賢斗撮影)

 NHKは19日、2020年の大河ドラマのタイトルが「麒麟がくる」で、主人公の戦国武将・明智光秀役を長谷川博己さん(41)が演じると発表した。脚本は大河ドラマ「太平記」などを手掛けた池端俊策さんが書き下ろす。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ