西川きよし、沢田隆治さんの一言が芸能生活を支えた

 タレントの西川きよし(74)が17日、所属事務所を通じ、16日に亡くなったプロデューサーの沢田隆治(さわだ・たかはる、享年88)さんを悼む談話を発表した。沢田さんと初めて会ったのは、きよしが吉本新喜劇でエキストラをしていた17歳のとき。本番が終わり、リハーサル室で熊の着ぐるみを脱いでいると、「『はやく顔の出せる芸人になりや』と一言おっしゃっていただきました。その言葉がこれまでの芸能生活を支えております」と明かした。

 「家内のヘレンも朝日放送制作の『スチャラカ社員』でお世話になり、結婚式の披露宴にも来ていただきました」

 最後に会ったのは、2年前に行われた「てなもんや三度笠」の特番収録。「どの現場にも誰より早く来て、熱心に遅くまで働く、一体いつ寝ているのだろうと感じさせるほどの熱意尊敬していました。心からご冥福をお祈り申し上げます」としのんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ