本仮屋ユイカ、女性問題で活動自粛の有村昆の手紙を涙ながらに代読

 女優、本仮屋ユイカ(33)がパーソナリティーを務める16日放送のTBSラジオ「地方創生プログラム ONE-J」(日曜前8・0)に生出演。ともにパーソナリティーを務め、女性問題で14日に活動自粛を発表した映画コメンテーターでタレント、有村昆(44)からの手紙を代読した。

 同番組は4月にスタートしたばかりだが、有村は活動自粛に伴い降板。手紙では報道の事実を認め、「この度は身勝手で不見識な行動で大変お騒がせし、誠に申し訳ございません」と謝罪した。

 続けて「皆さまの気持ちを裏切り、ガッカリさせてしまい、本当に申し訳ございません。自身の最低な思考、行動でリスナーおよび番組関係者に、多大なるご迷惑をおかけいたしましたこと、今更ながらですが、反省しております。また、コロナ禍の中、過去に感染経験のあるものとして、十分に注意する立場でありながら、今回の勝手な行動は非難されて当然だと思います」と猛省した。

 本仮屋は涙ながらにこの手紙を朗読。有村の降板について「正直、すごく驚いていて、まだ戸惑っています、私は…」と動揺を隠さなかった。一方で「私自身は、人はいろんな顔を持ち合わせていると考えていて、私自身もいろんな顔がありますし。私は、私の知っているアリコンさんの顔、ラジオが大好きで、私に対して誠実にラジオのことを教えてくれたその顔や教えてくださったことを大事に、今日も楽しい放送をお届けしたいと思っています」と強調。リスナーには「引き続き、皆さまのお耳とお知恵、お心をお借りいただければと思います」と呼びかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ