NHK「SONGS」さだまさし、再び「奇跡2021」を熱唱!大泉洋と視聴者の悩みに答える企画も

 クオリティーの高いサウンドと映像でJ-POPの名曲を紹介するNHK総合の音楽番組「SONGS」(毎週木曜・午後10時半~)。その6日放送分に、シンガー・ソングライターのさだまさしが出演する。この日の放送は、さだの同局の冠番組「今夜も生でさだまさし」にかけて、「今夜は生(じゃないけど)さだまさしin SONGS」という内容で、視聴者から寄せられたメッセージやお悩みを番組責任者の大泉洋とともに紹介しながら、さだが珠玉の名曲を歌い上げる。

 コロナ禍の中、放送された昨年のNHK紅白歌合戦に13年ぶりに出場したさだは、「奇跡2021」を歌い、大きな感動を呼んだ。さだ自身もコロナの影響でライフワークとも言えるコンサートの中止を余儀なくされたが、感染対策を十分に取ったうえで昨年9月からいち早く公演を再開。すでに41本のコンサートを実施してきた。また、最近は雑誌でさだの特集が組まれるなど、世界中がコロナと対峙する今、その歌声がいつにも増して心に深く響くなどとされ、その存在がクローズアップされている。

 さらに、スペシャルゲストとして、さだの音楽を愛する女優の大竹しのぶが登場。大竹ならではの視点で、さだの音楽の魅力を解き明かしていく。スタジオでは、名曲「道化師のソネット」のほか、再びあの「奇跡2021」を心を込めて歌い上げる。

 ネットでもさだと大泉の共演は注目を集めており、ツイッターには「大泉洋とさだまさし野放しにしたらただのクレイジーなトーク番組になってしまう。楽しみ…」「あのー、歌う時間、あるの?」「これ、何時間番組ですか?(笑)」など、盛り上がること必至のトークを楽しみにするコメントが相次いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ