吉本実憂がオスカー退社 仲良しの先輩・剛力彩芽の事務所に移籍へ

 2012年の全日本国民的美少女コンテストでグランプリを獲得した女優、吉本実憂(24)が1日、自身のSNSで4月30日付で所属事務所のオスカープロモーションを退社したと発表。同事務所の先輩だった女優、剛力彩芽(28)の個人事務所に移籍する方向で調整していることが分かった。

 吉本はこの日更新のインスタグラムで艶やかな着物を着た後ろ姿を掲載し、「約9年お世話になった事務所を退社致しました」と報告。オスカーへの感謝をつづった上で、「自分の中で1つの節目をつくると同時に、素敵な作品をつくり続けられるように今後とも精進して参ります」と女優業の継続も表明した。

 複数の関係者によると、吉本は昨年8月にオスカーを退社した剛力の個人事務所、ショートカットと契約する方向で協議しているという。剛力とは家族ぐるみの付き合いで、信頼する先輩女優とともに、さらなる飛躍を目指すとみられる。

 吉本は14年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」などに出演し、昨年公開の映画「透子のセカイ」では仏・ニース国際映画祭の最優秀外国映画主演女優賞を受賞。アクション俳優で映画監督、坂口拓(46)に師事するなど演技の幅を広げている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ