オリラジ中田、狂気の「HUNTER×HUNTER」6時間解説 顔出し再開で「動きや表情が見えてこそ」とファン歓迎

 お笑いコンビ、オリエンタルラジオの中田敦彦が25日、自身のYouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY」を更新。24、25日の2日にわたり、漫画家、冨樫義博さんによる人気作「HUNTER×HUNTER」を6時間かけて解説するといった動画を公開した。また、この動画から顔出しを再開し、ファンからは「やっぱ生身の中田さん」「待ってました!」といった声が寄せられた。

 中田は3月12日に公開した動画の中で「二次元での活動が可能になった」「プライバシーの取り扱いをもっと重視したい」との理由から、4月以降、会員制オンラインサロン以外では素顔を出さずに活動すると宣言。しかし、今月5日に別の公式YouTubeチャンネル「中田敦彦のトーク - NAKATA TALKS」に「【前言撤回】中田敦彦より重大発表【2021年4月中旬から】」と題した動画を投稿し、前言を撤回して顔を出して活動を続けると表明した。

 3日にアバターによる初授業として、実写化、アニメ化もされた人気漫画「DEATH NOTE」を解説する動画を公開し、その後も制作済みのいくつかのアバターによる動画を投稿してきたが、24日にアップした動画から顔出しで授業で再開。動画の冒頭では「中田敦彦、顔出し復帰ということで、まさか恥ずかしながら戻って参りました」とあいさつし、「中田が見たい」といったファンからの熱い要望を受け「そんなに中田が見たいのであれば、見せようじゃないか!」とハイテンションで誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ