岡江久美子さんの新型コロナでの死去から1年 夫の大和田獏が初めて語る

 女優、岡江久美子さん(享年63)が新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなって一周忌を迎えた23日、夫で俳優、大和田獏(70)と長女で女優、大和田美帆(37)が一周忌の配信イベント「スマイル!岡江フェスティバル~音楽とともに~」に出演した。

 獏は妻を亡くしてから取材などは受けておらず、「なかなか語る気持ちにもならなかった」と初めて口を開き、妻との別れまでを振り返った。

 岡江さんは昨年4月3日に発熱し、同6日に入院。ICUで人工呼吸器をつける前、獏は妻とLINEでやりとりし、「彼女にしては珍しく弱気だった。娘には『大丈夫だから、心配しないで』と伝えてと」と最後の“会話”を明かした。

 無念にも亡くなった後、感染対策をした上で1人で遺体と対面。妻は顔だけが見えるように袋の中で眠っており、「慟哭とはこういうものなのか。顔を見たときにきれいだなって。お前は死んでもきれいだなって」と涙ぐんだ。美帆も目を潤ませ、「きょうは泣いてもいい日なんです。私たち、泣いてこなかったから」と父を思いやった。

 配信では、岡江さんが好きだった音楽をピアノの生演奏で流しながら、真矢ミキ(57)、薬丸裕英(55)らゆかりの人たちが、美帆からインタビューを受ける形で映像出演。明るく気さくな人柄で知られた故人の思い出話を披露した。

 思い出の写真を見ながら、獏が「しわくちゃになったおばあちゃんの姿も見たかった」とつぶやく場面も。獏はこの1年での家族、妻の友人らからの支えに感謝しながら、「失ったものは大きくて、喪失感からは逃れられない。心の隙間は埋めようにも埋められない。穴はふさげないけど、穴の中でいっぱい思い出していきたい。彼女の明るさや前向きな生き方を学んで前向きに生きていきたい」と語った。

 美帆は母に向けて、「私の中でも太陽。どこか近付けないというか、追いかけてるんだけど、ママみたいになりたいと思うけど、ある程度の距離がある。偉大だなって思います」と改めて感謝。最後も涙ぐみ、「正直しんどいし、悲しいし、寂しいけど、(家族との別れは)いろいろな方が経験しているし、これが人生。死ぬってことは残された者がどう感じていくかということ。どう感じて生きていくかは私たち次第。母に褒めてもらいたい。『今日もよくやった。さすが私の子だね』と言ってくれると思います」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ