次作朝ドラ「おかえりモネ」土曜ナビゲーターはサンドウィッチマン!ネット歓喜「日村さんみたいに本編出演ありそうw」

 人気お笑いコンビ、サンドウィッチマンが5月17日から放送が始まるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の「土曜ナビゲーター」を務めることが23日、番組の公式HPで発表され、朝ドラファンとお笑いファンがSNSで喜びを爆発させた。

 女優の清原果耶が主演を務める「おかえりモネ」。宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育ち、登米市で青春時代を過ごすヒロインの永浦百音(清原)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く物語だ。

 現在の朝ドラは、平日5日間(月~金)に本編が放送されており、土曜日はその週の総集編がオンエアされている。サンドの2人が務めるのはそのナビゲーターで、東京制作の朝ドラでは、「エール」のバナナマン・日村勇紀に続くのお笑い芸人となる。

 この抜擢をネットユーザーたちは大歓迎。SNSには「サンドも朝ドラおじさんに!」「土曜日の放送楽しそう」「土曜日も見ようと思います!」「2人が解説してくれるの嬉しい」などの声。また、日村が土曜ナビゲーターに加え、本編(第111話)にも出演したことから、「サンドウィッチマンが土曜ナビゲーターなのね。バナナマン日村さんみたいに本編出演もありそうw」と想像を膨らませる朝ドラファンもいた。

 朝ドラではこれまで月~土の6日間で本編が放送されてきたが、同局の働き方改革の一環で、昨年前期に放送された「エール」から、本編放送が月~金の5日間に短縮され、土曜日は総集編が放送されている。「エール」では日村がそのナビゲーターを担当。現在放送中の「おちょやん」では、ナレーションを務める落語家の桂吉弥が黒衣役として総集編に出演している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ