日向坂46センターに加藤史帆 新曲「君しか勝たん」で 「モヤモヤが晴れた」と多くのファン納得

 女性アイドルグループ、日向坂46の冠番組「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)が18日深夜放送され、5月26日に発売される彼女たちの5枚目のシングル「君しか勝たん」のフォーメーションが発表された。センターを加藤史帆が務めることがわかると、加藤のファンのみならず多くの日向坂ファンが歓喜。ツイッターでは、早朝から「センター」がトレンド上位にランクインして祝福ムードに包まれた。

 「かとし」の愛称で親しまれている加藤は2016年5月、日向坂46改名前のけやき坂46(ひらがなけやき)に一期生として加入。現在、TBS系朝の情報番組「ラヴィット!」、文化放送のトークバラエティー「レコメン!」にいずれも火曜日レギュラーとして出演しているほか、小学館のファッション誌「CanCam」専属モデルを務め、「GirlsAward」「東京ガールズコレクション」などのイベントに出演するなどファッションモデルとしても活躍している。

 ツイッターや、ネットニュースのコメント欄には、「かとしセンターおめでとう」「なんか自分の事みたいに嬉しい……涙出てきた…」「その曲をかとしが解禁するんやね 楽しみ~!」など、祝福したりや共に喜んだりするファンのメッセージが相次いでいる。

 加藤がセンターを務めるのは、けやき坂46「ハッピーオーラ」以来。18日深夜の番組エンディングでは、「センターはもう、正直、任せてもらえないと思ってました。(前回は)MVでぼろ泣きするし、ダメダメだったから…。(今回は)支える役目っていうか『そういう感じなのかな?』って勝手に思ってたので、めちゃくちゃ嬉しいです」と涙ながらに喜びを表現。そのうえで、「前回悔しかったことを今回またやらないように、『楽しむ』っていう脳みそで頑張ります」と意気込みを語っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ