SixTONES・ジェシー舞台単独初主演 「自信(じぇしん)あります!」のダジャレにファン「可愛い」「ギャグは寒いけど…」

 人気グループ、SixTONESのジェシー(24)が、8月に東京・TBS赤坂ACTシアターで上演される「スタンディングオベーション」で舞台単独初主演を務めることが分かった。16日付のサンケイスポーツなどが報じた。ヒットメーカーの作詞家、秋元康氏(62)が企画・原作を担当。ネット上には「ビッグニュース!!朝起きて知り驚きました」などと歓喜するファンの声であふれている。

 同舞台は、「逃亡中の殺人犯が客席に紛れ込んでいるー」と突然告げられた舞台裏の出演者たちが右往左往する物語。サスペンスとコミカル要素を絶妙に取り入れた秋元氏らしい伏線が満載だという。

 2人は、秋元氏が原作を手がけた2012年の日本テレビ系「私立バカレア高校」でもタッグ。サンケイスポーツによると、ジャニーズきっての一発ギャグ好きのジェシーは9年ぶりの共作に「ジェシーだけに盛り上げる自信(じぇしん)あります!」とダジャレで好演を約束した。

 このニュースにファンは「朝起きてビックリ!!ジェシー、主演舞台!!!秋元康さんのコメディだって。スゴい~!!おめでとう!」「ずっと演じてみたいと言っていたコメディ作品への出演決定おめでとうございます!」などと大興奮。過去にはジャニー喜多川さんが手掛けた舞台に出演しており、「ジェシーくんは舞台が似合う人だと思っていたので嬉しいです」「この役は絶対ジェシーくんだから、ジェシーくんにしか似合わない役だよ」と、ステージでの活躍を期待する声が舞い込んでいる。

 “渾身”のダジャレにも反応多数。「ネットニュースの各サイトさんが『盛り上げる自信(じぇしん)あります』って普通に書いてて。【自信と書いてじぇしんと読む】みたいな意味の分からないルールをナチュラルに受け入れてくれてるの微笑ましいし、なんかグッと来る。笑」「『自信(じぇしん)あります』って言うのが新聞にデカデカと使われてるのがめっちゃ可愛い」「ギャグは寒いけど彼はやってくれると思う」などの書き込みが寄せられている。

 注目の舞台だけにチケットの争奪戦が予想される。ファンは「どうしても観たい、超絶ラッキーなひとりになれますように今から祈ってます」「倍率凄いと思うけど、絶対観に行きます!」と意気込んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ