笹川友里、TBS退社後初の公の場 食卓ルールは「作るも食べるも最高の笑顔で」

 元TBSのフリーアナウンサーでモデル、笹川友里(30)が15日、東京都内で行われたファッション誌「VERY」と味の素の共同プロジェクト「今日は家族で話そうよ!With Bistro Do」の発表イベントで司会を務めた。2月末に同局を退社後初の公の場でゲストのモデル、滝沢眞規子(42)らと家族や食卓についてトークを展開。

 北京、ロンドン五輪フェンシングの銀メダリストで日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏(35)の妻である笹川は「食事のこだわりがすごい。わが家は作り置きが好きでない。温かいものを温かいまま食べたいという」と苦笑い。食卓のルールについて「作るも食べるも最高の笑顔で」とボードにつづり、「家庭の中で一番のイベントが毎日の食事。食べる側も笑顔で作る側も笑顔で無理をしすぎないこと」とこだわりを明かした。

 一方、3人の子供を持つ滝沢は「美味しい!!を声にしよう」とボードに書き、「おいしいと声を出すことが大事」とママの顔を見せていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ