松坂桃李主演「孤狼の血 LEVEL2」特報映像公開 怒涛の30秒に「情報量多すぎ」「コマ送り案件」

 東映は12日、8月20日公開で俳優・松坂桃李が主演する映画「孤狼の血 LEVEL2」の特報映像を公開した。合わせて追加キャストを発表し、劇場公開を待ちわびる前作ファンの注目が集まっている。

 同作は、俳優・役所広司主演で2018年に公開された映画「孤狼の血」の続編。前作は、作家・柚月裕子氏の長編警察小説シリーズの第1作である同名小説を原作とした映画で、暴力団対策法成立前の1988年の広島を舞台に、組織犯罪を担当する刑事たちの奮闘や、暴力団組織間の激しい抗争を描いた。完全オリジナルストーリーとなる続編は前作から3年後の設定。広島の架空都市・呉原市の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上章吾(役所)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一の“その後”が描かれる。日岡役は前作で演じた松坂が続投。日岡の前に立ちはだかる“悪魔”の男、上林組組長・上林成浩役を鈴木亮平が演じる。同日、追加のキャストとして、渋川清彦、毎熊克哉、筧美和子、青柳翔、三宅弘城、宮崎美子、寺島進、宇梶剛士、かたせ梨乃ら9人が発表された。

 ツイッターでは、初公開となった30秒の特報映像を見た前作ファンから、「前作めっちゃくちゃ面白かったからねー!期待してます」「迫力に圧倒されます! 早く映画館で観たいです!」「キャスト、スタッフ皆様の熱い想いが画面から溢れてます」などと興奮気味の反響が寄せられている。

 めまぐるしくカットが変わる怒涛の展開に、「速度おとして見ないといろいろ見落としてしまうくらい、ぎっしりつまってますね」「情報量多すぎでしょ(笑)」「この映像はコマ送り案件」「エンドレスリピート停まりません」など、再生スピードを調整したり、繰り返し見たりして、盛り込まれた情報を取りこぼすまいと苦心する様子がうかがえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ