長瀬智也は「ファンをむげにしない」 堂本光一の発信力に救われたファン

【芸能ニュース舞台裏】

 面白い試みが始動した。3月いっぱいでメンバーの長瀬智也(42)がグループを“卒業”したTOKIOが「株式会社TOKIO」として動き出した。

 経営陣は城島茂社長(50)、国分太一副社長(46)、松岡昌宏副社長(44)。ジャニーズ事務所時代のスタッフやブレーンが、彼らを支える。

 「公式サイトを見ました。基本コンセプトは『なんでも作ろう!』。つまりTOKIOという資源はブランド化されていますが、さらに進めてメーカー化する試みですよ。うまくいけば、新たなエンタメのビジネスモデルになるでしょうね」と情報番組デスクは見立てる。

 タレントショップならぬタレント企業。TOKIOのファン層を引き付ける“TOKIO良品”をどう生み出すのか。

 元メンバーの長瀬は創作方面に進むと伝えられるが、KinKi Kidsの堂本光一(42)がイミシンな発言をした。主演ミュージカル『Endless SHOCK』の千秋楽公演後に、「ファンの皆さんをむげにすることはない」と長瀬がファンとの関係を保ち続けることを示唆した。

 「たとえ希望的観測であっても、長瀬本人の気持ちを身近な人が代弁するとファンは納得できる。堂本の発信力でファンは救われたと思いますよ」(前出・情報番組デスク) (業界ウォッチャーX)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ