「ドラゴン桜」続編前の再放送にネット沸く「山P美しい」「ギャルのガッキーかわいい」

 俳優・阿部寛主演で、25日からTBS系の日曜劇場枠で続編が始まる「ドラゴン桜」。その放送を前に、2005年に放送された前作が現在、関東地方などで再放送中だ。約16年前、人気を博した前作のキャストには、豪華な面々が並び、その若々しい姿などがネットでも大きな話題になっている。

 ドラマは、「週刊モーニング」(講談社)で連載された漫画家・三田紀房さんの人気マンガが原作で、前作では、阿部演じる弁護士、桜木建二が落ちこぼれの生徒たちをたった半年で東京大学に合格させ、低偏差値の高校を超進学校に生まれ変わらせようと生徒とともに奮闘する姿を描いた。続編は、三田さんが18年から同誌で連載している「ドラゴン桜2」が原作。桜木が東大クラスの教え子、水野直美(長澤まさみ)と学園の再建に挑む。

 前作には、阿部のほか、東大合格を目指すクラスの講師、井野真々子役として女優の長谷川京子が出演していたが、ネットで注目を集めているのが、当時の生徒役たちだ。長澤を筆頭に、山下智久、新垣結衣、小池徹平、紗栄子、中尾明慶という、今では主演級に成長した俳優たちが集結して初々しい演技を見せている。

 関東地方では、5日から再放送が始まった。深夜11時56分からの放送で、これまで2話がオンエアされたが、ツイッターには放送中から「懐かしすぎる!」「私が中学生の時に見てたドラマ」「うっかり始まったから寝れなくなった。当時見てたから懐かしくて最高」「めちゃくちゃ懐かしくて嬉しいけど、放送時は自分も高校生だったって知って震えてる」などのコメントがズラリ。5日深夜にはツイッターで「ドラゴン桜」がトレンドに入った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ