岡江久美子さん命日に「岡江フェス」生配信 大和田美帆「母への想いを形に」

 女優、大和田美帆(37)が6日、ブログを更新。新型コロナウイルスによる肺炎で昨年亡くなった母で女優、岡江久美子さん(享年63)の命日である23日正午に「スマイル!岡江フェスティバル ~音楽とともに~」と題して生配信を行うと発表した。

 岡江さんが旅立ってからもうすぐ1年。大和田は「どんなに月日が流れても、正直、私は未だに心の置き所がなく、夢の中にいるような感覚に陥ることがあります。亡くなったと頭では分かっているのに心が追いついていないのが現状です」と心境を吐露。「お葬式をしていないのも、この心情に関係していると思っています」とし、一周忌にはお別れの会を行って「私たち家族も一つの節目にしたかった」というが新型コロナウイルス禍により断念。「それでも命日に、何もしないのはもどかしい。何か節目を迎えたい。もう一歩前に踏み出すきっかけが欲しい」。そこで思いついたのが「岡江フェスティバル」だったという。

 岡江さんは生前、自身の両親を音楽葬で見送った際に「あたしも音楽葬にしてね、曲はロッドスチュアートのスマイルと、、あと、、」と具体的に話すほどの音楽好きだったといい「コロナ禍で、見舞う事も看取ることも、棺桶に好きなものを入れてあげることも、母の望みだった音楽葬もしてあげられなかった。ずっと心に引っかかっているそんな母への想いを形にするために、密を避け、動画生配信で 座右の銘のとおり、賑やかに楽しく笑顔いっぱいで生きた母のことを想う日になればと思っています」と1年越しの“音楽葬”に込めた思いを明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ